半角・全角の混在するテキストを、一瞬で直す!方法

デザインする方、デザイナーと一緒に制作にあたるみなさま。
『半角と全角』が混在するテキストが支給されて、困ったことはありませんか?
これ、非常に困りますよね。

よくあるのは、かっこに半角と全角が混在しているテキスト。

全角・半角とでは、かっこの太さと高さが違う
や、やめてぇーーーーっ

半角カッコはベースラインが他の日本語より低く設定されていたり、太さが違ったりして、そのまま印刷or公開してしまうと、もはや「事故の一種」となります。

検索&置換機能で一発変換

これらの全角・半角を一発で揃える方法。それは
「検索&置換機能のついたメモ帳ソフトなどを使い一括で揃える」ことです。

僕の使っているMac用テキストエディタ「mi」で、
一括変換をしてみました。

起動してコピペして、【検索&置換】をするだけです。
かっこの左側の半角( をすべて 全角( に置き換えます。

左側を置き換え終わったら、右側) も同様に全角)に置き換えます。

約1分で、全てのテキストの()が揃いました。
これで安心。

 

数字にも、全角・半角が混在してることがある

まだ安心はできません。

数字にも、全角と半角が混在していることがあります。

半角・全角入り乱れたテキスト。どれが全角かわかるかな

こういう場合は、探し出すのがさらに困難なので、ますます事故の元!
ひととおりデザインに文字を入れてから気がついてしまうと、
差し替え大変なので恐怖のどん底に・・・。

どれが全角?わからない…。
やめてぇーーっ!!
正解、全角の文字はコチラ。文字が横長だったりします。

 

そんなときは、またしてもテキストエディタ「mi」の登場です。

英数字の一括変換機能を活用する

テキストエディタ「mi」には、一括変換機能が付いています。

手順は簡単です。

変換したいテキストの全てを選択して、右クリック。
【文字種変換】の中に、

【半角英数→全角英数】
 や、
【全角英数→半角英数】 の項目があるので

そちらを選択すれば一瞬で全ての文字を置き換えてくれます。

やった!!
数字がぜんぶ半角になりました。
「英数」ということは、アルファベット(A-Z)も全て置き換えてくれます。
「全角の数字が使いたいケド、半角のアルファベットが使いたい」という時はこちらの方法ではNGとなります。ご注意を!
これにて一件落着です。
最後に一点だけ。
ライターの方や企業を通じてテキストデータをいただく場合などは特に、
無断で「支給された文字を調整する」ことはオススメできません。
意図的にそうしてる場合が多々あるからです。
見つけ次第「おっ、これは違うでしょ〜〜直したろっ」と勝手にいじったりせず、「こういう部分を調整したいのですが」と必ず確認を取りましょう。
また事前確認が難しい場合には、調整した上でその旨を伝える等、
ケースバイケースで連絡は怠らないようにすると、より良しです。
以上です。
いかがでしたか?
全角・半角の入り乱れたテキストは
世の中にたくさん出回っています。
デザイナーはデザインだけ見てればいい・・・というわけには行かないもので
受け取った文字を、適切に扱うこともまた、デザイナーの仕事でもあります。
余計なストレスは抱えぬよう、自動化できるところはラクをして
よりよいデザインライフを送ってくださいね!
(最後までお読みいただき ありがとうございました!)
広告